【相葉マナブ】梅干しと長芋の夏バテ疲労回復釜飯の作り方 第12回釜ー1グランプリ(8月16日)

スポンサーリンク
グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2020年8月16日の『相葉マナブ』では、『第12回釜ー1グランプリ』が放送されました。

今回は夏のスタミナSPというテーマで、数種類の釜飯が紹介されました。

この記事では、夏バテ疲労回復釜飯の作り方を紹介します!

スポンサーリンク

夏バテ疲労回復釜飯の作り方

【材料(4人分)】

米        3合

昆布ダシ     350ml

氷        120g

長いも      1/2本(100g)

ホタテ水煮缶   2缶(130g)

梅干し      3個

塩        小さじ1

かつお節     適量
【作り方】

1.長芋の皮を剥き、輪切りにする

<ポイント>長いものムチンは胃の粘膜を保護する効果あり

2.釜に浸水した米・昆布だし・ホタテ水煮缶を汁ごと・塩・長芋・梅干し3つを入れる

<ポイント>梅干しのクエン酸は食欲増進効果が期待できる!ホタテのタウリンは疲労回復効果あり!

3.氷を入れて15分炊き、10分蒸らす

4.最後にかつお節をかければ完成!

夏バテ疲労回復釜飯のお味は?

夏バテ疲労回復釜飯はホタテがいいダシになり、長いもの食感もよく美味しいそうです。

次のページでは、スパイシー骨付き鶏釜飯のレシピを紹介します!

【相葉マナブ】スパイシー骨付き鶏釜飯の作り方 第12回釜ー1グランプリ(8月16日)

タイトルとURLをコピーしました