【ヒルナンデス】腸活ルーティン(腸もみ・腸ストレッチ・食事) 加治ひとみさんの美容法(3月23日)

スポンサーリンク
ウエスト エクササイズ美容関連情報
スポンサーリンク

2021年3月23日の『ヒルナンデス』では、モデルの加治ひとみさんが登場。

ウエスト57cmを保つためのルーティンを教えてくれました。

この記事では、加治ひとみさんの腸活を紹介します!

スポンサーリンク

1起きたらすぐに白湯&腸もみ(朝のルーティン)

加治さんは起きたらすぐ白湯を飲んで腸を温めます。

さらに腸もみをするそうです。

腸もみは右手で肋骨の下、左手で骨盤の上を揉みほぐします。

朝ごはんはあおさと納豆入りの味噌汁

朝ごはんには発酵食品(味噌)として味噌汁を取るようにしています。

味噌汁にはあおさ(水溶性食物繊維)を入れるのがおすすめとのこと。

食物繊維にはベンの体積を大きくする不溶性、便を柔らかくして出しやすくする水溶性があります。

海藻などに多い水溶性は不足しがちなので、具材で取り入れると良いそうです。

さらに発酵食品の納豆を加え、不溶性食物繊維のゴマ・ネギをトッピングします。

腸活効果でお肌もツルツルなんだとか。

2腸ストレッチで体幹を鍛えて腸ズレ防止

猫背だと冷え性になりやすく腸のずれが起こりやすくなるため、姿勢を良く保つようにしているそうです。

腸ストレッチで体幹を鍛えて、腸ズレ防止もしているそうです。

うつ伏せ状態からつま先とひじで体を支えて体を浮かせ、左右にウエストをひねります。

毎日左右20回行えば、キレイなくびれが手に入るとのこと。

3楽屋では電気毛布で腸冷え防止

楽屋では必ず電気毛布で腸を温めます。

朝起きておへその下が冷えていれば、腸が冷え切っている証拠だそうです。

4りんごは皮ごと丸かじりして食べると効果的

りんごは皮ごと丸かじりして食べるのが、栄養が取れておすすめです。

りんごの皮には約4倍のポリフェノールが含まれています。

5ハーブティーで腸の活性化を促す

ハーブティーは自律神経が整うので、生理痛などの痛みも和らぐそうです。

6コンビニランチもパセリ&オリーブオイルで腸ケア(腸活アレンジメニュー)

お昼はコンビニ食材で簡単な腸活アレンジメニューを食べるそうです。

千切りキャベツにひじきの煮物を混ぜ、パセリを振りかけて食べるそうです。

パセリは腸の働きを左右する自律神経を整えてくれる食材として注目されているんだとか。

納豆+キムチには、オリーブオイルをまわしかけていただきます。

夕食はお腹が減るまで絶対食べない!

夕食は夜11:00に作り始めました。

お腹が空くまで食べないのも、腸活のひとつだそうです。

空腹じゃないのにご飯を食べると、腸に負担をかけてしまうとのこと。

サラダには、万能腸活タレ・舞茸と味噌の特製のタレをかけていただきます。

万能腸活タレのレシピは、こちらでまとめています↓

【ヒルナンデス】万能腸活タレ(舞茸と味噌の特製タレ)の作り方 加治ひとみさんレシピ(3月23日)

まとめ

加治ひとみさんの腸活ルーティンをまとめました。

腸もみや発酵食品などはすぐにマネできるので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょう。

加治ひとみさんは以前別番組でも、腸活生活を公開していました↓

【深イイ話】(3月16日)加治ひとみさんの腸活で免疫力UP!かぢボディの作り方とは?

よろしければあわせてご覧ください!