コストコの冷凍パン【メニセーズ バゲット】で焼きたてフランスパンを自宅で再現!食べた感想&アレンジレシピ集

グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

コストコの冷凍食品コーナーで、冷凍バゲットを発見!

『メニセーズ(Menissez)』というフランスのメーカーが製造している冷凍パンです。

コストコといえばその場で焼き上げたパンが有名ですが、冷凍フランスパンとどっちが美味しいのか気になりますよね。

ということで、早速購入してみました。

この記事では、食べてみた感想やバゲットの焼き方、アレンジレシピを紹介したいと思います!

スポンサーリンク

メニセーズ バゲットの商品情報

原材料名:小麦粉・小麦サワー種・イースト・食塩・小麦グルテン・麦芽小麦粉・大麦麦芽粉・大麦麦芽エキス・酸化防止剤(V.C)・酒精
内容量:250g
賞味期限:購入から約9ヵ月程度
保存方法:-18℃以下で保存してください
凍結前加熱の有無:加熱してありません
加熱調理の必要性:加熱してお召し上がりください
原産国:フランス
輸入者:コストコホールセールジャパン株式会社
栄養成分表示(100g当たり):熱量246kcal、たんぱく質7.5g、脂質0.9g、炭水化物50.9g、食塩相当量1.2g
価格:748円(2019年10月現在)

フランスのメニセーズというメーカーが作っているパンで、半焼成済みなのでオーブンで焼くだけで焼きたてのバゲットを食べられるという商品です。

このほかにもコストコではメニセーズのプチパンやチャバッタロールも販売していますが、これらは常温保存で賞味期限1ヵ月となっています。

今回の商品は要冷凍の商品で、1本250gのバゲットが5本セットになっています。

1本当たりの金額は約150円なので、300円前後する一般的なバゲットよりも割安ということになりますね。

保存期間が長めなので、冷凍庫に余裕さえあれば常備しておくと便利そうです。

使用する時はこんな感じで1本1本切り離して、オーブンで焼きます。

メニセーズ バゲットの焼き方

メニセーズのバゲットを取り出してみると、写真のようにほんのり色づいた状態で冷凍されています。

袋に記載されている調理の方法は、『凍ったままのバゲットを取り出して200~220℃で予熱したオーブンの天板にのせ、焼き色がつくまで約9~15分間焼く』とのこと。

とりあえず中間の210℃で予熱したオーブンで、12分ほど焼いてみたところ、まだまだほんのりとした色でした。

さらに3~4分焼いてみた結果、こんな状態に↓

まだまだ焼き色が薄い気もしますが、とりあえずこのまま食べてみることにしました。

オーブンの機種によっても違うかもしれませんが、香ばしいバゲットが好きな人なら、220℃くらいで気持ち長めに焼くといいかもしれません。

焼きたてバゲットを実食!

写真では伝わりませんが、焼きたてのバゲットは超熱いです!!取扱には注意してくださいね。

熱いバゲットをなんとかカットしてみました。断面はこんな感じで生地がギュッと詰まっています。

食べてみると外はカリカリ、中はもっちもちで、本当に焼きたてパンを再現できていました。

外カリカリのハード系パンが好きな筆者としては、メニセーズのバゲットは合格点です。

コストコのベーカリーで販売されているパンはどれもやわらかめなので、筆者の好みとしてはメニセーズのバゲットの方が好きでした。

ただパン専門店で売っている焼きたてバゲットと比べると、やはりちょっと味は落ちるかもしれません。

それでも焼きたてパンをいつでも自宅で食べられるという利点を考えると、家に常備しておきたい商品だと思いました。

シチューグラタンなど洋食を食べる時や、アヒージョラタトゥイユのようなパンにつけて食べたい料理を作る時に、この熱々のバゲットは最適ですね。

この日はコストコのお惣菜コーナーにあるスモークベーコンカルボナーラを一緒に買ったので、パンの上にのせて食べたりしました。

食べ進めていくと、バゲットの食感に変化が…

焼きたてのバゲットは中がモチモチでおいしかったのですが、冷めると中もカチカチの状態になってしまいます。

焼いた後はできるだけ早く食べて、残りはトースターで焼き直すことをおすすめします。

バゲットのアレンジレシピ

色々な料理に添えて食べるだけでおいしいバゲットですが、5本もあるので色んな料理に活用してみるのもおすすめです。

ここでは筆者が考えた簡単なアレンジレシピを紹介したいと思います!

自宅で作る明太フランス

<材料>

メニセーズ バゲット1本、明太子60g、マヨネーズ大さじ2、にんにくチューブ少々、バター適量

<作り方>

1.メニセーズ バゲットを200~220℃のオーブンで15分程焼く

2.ボールに明太子・マヨネーズ・にんにくチューブを入れ、よく混ぜておく

3.焼きあがったバゲットの真ん中に切り込みを入れ、バターを塗り込み、2を切り込み部分と表面に塗る

4.オーブントースターで3~4分焼けば出来上がり

バゲットが熱いうちにバターを塗ることで、生地にバターがしみ込んでおいしくなると思います。やけどには注意してください。

明太子は薄皮を取り除いて使ったほうがよいので、コストコで販売中のかねふく「辛子明太ばらこ」が便利です。

洋食のお供にも!ガーリックトースト

<材料>

メニセーズ バゲット適量、バター30g、にんにくチューブ3㎝、乾燥パセリ

<作り方>

1.メニセーズ バゲットを200~220℃のオーブンで15分程焼き、1~2㎝幅にカットする

2.耐熱皿にバターを入れ、電子レンジで10~20秒程温める

3.温まったバターににんにくチューブを加え、よく混ぜ合わせる

4.3をバゲットの表面に塗り、オーブントースターで焼き色が付くまで5~8分程焼く

5.焼きあがったバゲットに乾燥パセリを振りかければ出来上がり

ガーリックトーストはお酒のおつまみや、パスタなどの付け合わせにピッタリです。

材料が少なくて済むのも、手軽で嬉しいですね。

かたくなったバゲットでさくさくラスク

<材料>

かたくなったメニセーズ バゲット1本、マーガリン適量、グラニュー糖適量

<作り方>

1.かたくなったメニセーズ バゲットを5~7㎜幅にカットする

2.片面にマーガリンをたっぷり塗り、グラニュー糖をまぶす

3.クッキングシートを敷いた天板にマーガリンを塗った方を上にして並べ、150℃のオーブンで約15分程焼く

15分焼いてみて焼き色がついていない場合やバゲットがカリッとしていない場合は、調整しながらもう少し焼いてください。

メニセーズ バゲットは色んな料理に合う!

メニセーズ バゲットの焼き方や食べてみた感想、アレンジレシピを紹介してきました。

アレンジとまではいきませんが、ケチャップとチーズをのせてトースターで焼くだけでも、ピザのようにおいしくいただけます。

このほかにも、ブルスケッタにしたりフレンチトーストにしたり、味がシンプルなので色々な料理にアレンジ可能です。

冷凍庫に余裕があれば、ぜひ試してみてはいかがでしょう。

タイトルとURLをコピーしました