【コストコおすすめ商品】沖縄生もずくが予想以上の美味しさ!保存方法&食べ方を紹介

スポンサーリンク
グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

先月コストコで、沖縄県産生もずくがお買い得になっているのを発見!

早速買って食べてみたところ、予想以上の美味しさに感動しました。

買おうか迷っている方がいたら、ぜひ試してみてほしい!

ということで、食べてみた感想や我が家の保存方法、食べ方などをまとめてみます。

スポンサーリンク

沖縄生もずくの商品情報

商品名:沖縄生もずく

価格:100gあたり108円(通常価格)

1パックあたりの量:約1㎏

賞味期限:加工年月日を含めて5日間

※本製品は海水の塩分を含んでいます。必ず数回水洗いをしてからお召し上がりください。

※本製品はエビやカニが混入する漁法で採取しています。

※本製品はまれにもずく以外の海藻類、魚介類、サンゴ片等が混入する可能性があります。

販売期間をググってみると、毎年3月ごろから6月ごろまでの限定商品のようですね。

ちなみに私が購入した5月のはじめには、賞味期限が迫っていたためか100g78円(税込)で購入できました。

1㎏あたり通常より300円くらい安く購入できたので、かなりお得でした♪

沖縄生もずくの保存方法&下処理方法

販売員さんによると沖縄生もずくは海水から採ったままの状態なので、食べるときに3~4回水洗いする必要があるそうです。

賞味期限内に食べきれない分は、水洗いせずにそのまま冷凍すればしばらく美味しく食べられるとのこと。

海水がついた状態の方が保存に良いのかもしれませんね。

そこで我が家では1回分(2~3人分)を100g前後として、こんな感じで10個に分けて空気を抜いて保存袋に入れました↓

袋はジップロックのような保存袋でよいと思いますが、今回は愛用しているアイラップという耐熱・耐冷性ポリ袋を使用しました。

冷凍にも電子レンジにも使えて、お値段は1枚2~3円と激安なアイテムです。

アイラップについては、こちらの記事でまとめています↓

アイラップはポリ袋レシピに最適!活用法&販売店舗情報

食べるときは前日寝る前に冷蔵庫に移して自然解凍にするか、時間がない時は流水解凍でもいけました。

スーパーで売っている3個1パックのもずくに比べると洗うという手間がかかりますが、その分今まで食べていたもずくとは明らかに違う、食べ応えや食感の良さがあります。

沖縄生もずくを食べてみた感想

沖縄生もずくを初めて食べたときは、スーパーのもずくにはない歯ごたえがあるのにびっくりしました。

もずくを見てみると、1本1本がスーパーのものに比べて太くて、しっかりしているのが分かります。

こちらは量り分けるときに撮ったもの↓

今までのもずくにはない食べ応えに感動してしまいました。

1㎏という量に尻込みしてこれまで購入していませんでしたが、これならもっと早く買っておけばよかった!

冷凍保存したものを解凍して食べても、プチプチとした食感はそれほど変わりなく、十分美味しくいただけました。

価格が安くなっているときにまとめ買い&冷凍保存しておけば、長く旬のもずくを味わうことができますね。

コストコ 沖縄生もずくの食べ方(三杯酢・ポン酢・めんつゆ)

コストコのもずくは市販のものと違ってタレなどはついていないので、味付けを自分でする必要があります。

せっかくなので、我が家でも自作で色々試してみました。

●三杯酢 

⇒市販のもずく酢に近い味で美味しかったです。

<作り方>酢・しょう油・みりんを1:1:1の割合で合わせる

●ポン酢(市販の『味ぽん』使用) 

⇒思ったよりも辛さを感じてしまい、いまいちでした。

●めんつゆ+酢+砂糖

⇒個人的にこれが一番美味しかった!魚介系の旨味がプラスされて、もずくにピッタリ!

<作り方(2人分)>めんつゆ50ml・酢50ml・砂糖大さじ2/3を混ぜ合わせる

こちらは普通の穀物酢を使ったバージョンですが、酢をコストコで販売されている黒酢にするとさらに食べやすくなりました。

使用したのは臨醐山黒酢(りんこさんくろす)です。

出典:内堀醸造

こちらの黒酢はツンとした酸っぱさがなく、旨味が感じられるような味が特徴。

黒酢を使ったバージョンがこちら↓

黒酢は美容やダイエットにも良いと言われているので、私はもずくと一緒にタレごと飲んじゃいました。

美味しいうえに健康にもよいので、おすすめです!

生もずくは季節限定商品なのでお早めに!

沖縄生もずくは最近買ったコストコの生鮮食品の中では、我が家ではヒット商品だったので、季節商品と知ってちょっと残念です。

6月ごろまでは販売しているようなので、まとめ買いしてたくさん冷凍ストックしておかねば!と考えています。

もずくは水溶性食物繊維が豊富なので、血糖値の急激な上昇を防ぐためにも食事の最初にとりたいですね。

まだ食べていない方は、ぜひ試してみてはいかがでしょう。