コストコ『ヤンニョム豚バラ焼肉』実食レポ&調理法&アレンジレシピ(焼うどん)!新商品はプルコギビーフ超えなるか⁉

スポンサーリンク
グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

コストコのデリカで新商品『ヤンニョム豚バラ焼肉』を発見!

売り場の店員さんの「人気商品プルコギビーフを上回る勢いで売れています!」というふれこみを聞き、思わずカートに入れてしまいました。

この記事では、新商品・ヤンニョム豚バラ焼肉の調理法や食べてみた感想をまとめます!

スポンサーリンク

ヤンニョム豚バラ焼肉はボリュームたっぷり

今回購入したヤンニョム豚バラ焼肉は見た目は真っ赤で辛そうに見えますが、店員さんいわく「辛くないのでお子様でも大丈夫です」とのこと。

その日は久々に試食も行っていたので、試しに食べてみることに!

食べてみると全く辛さはなく、それでも韓国風で好みの味付けでした。

100g当たり118円(税込)で約2㎏弱の量で、2000円ちょっとで購入しました。

家に帰ってさっそくフタをオープンしてみると、こんな感じにデーンと豚バラがたっぷり入っていました。

豚バラ1枚1枚は一口サイズよりも大きく、長さはそれぞれ違いますが平均5㎝くらいはあると思います。

野菜もパプリカや玉ねぎが入っているようですが、実際に見てみると野菜はほんの少しで、ほぼお肉で構成されています。

お肉たっぷりでボリューム感のあるデリカですね!

ヤンニョム豚バラ焼肉の商品情報

ヤンニョム豚バラ焼肉は見た目が赤くて、味付けに何が使われているか気になる方もいるのではないでしょうか。

ということで商品情報をチェックしてみます!

商品名:ヤンニョム豚バラ焼肉(Korean Pork BBQ)

名称:食肉加工品

原材料名:豚肉(カナダ産)、たれ(醤油、砂糖、水飴、唐辛子、にんにく、乾燥オニオン、ごま、食塩、 植物油脂、酵母エキス)、野菜ミックス(玉ねぎ、パ プリカ)、長ねぎ、 青ねぎ/酒精、増粘剤(キサンタン)、酸化防止剤(V.C)、(一部に小麦・ごま。 大豆・豚肉を含む)

保存方法:要冷蔵4℃以下

調理方法:味付け処理をしていますので、中心部まで 十分に加熱調理してください。
※この製品は卵、乳成分、 えび、かに、 そば、落花生 を使用した設備で製造しています。

栄養成分表示100gあたり 熱置307kcal、 蛋白質10g、脂質24g、炭水化物10g、食塩相当量1.3g
この表示値は目安です。

正味量:1857g

消費期限:製造日を含めて3日

100g当り(円) 118(税込)
お値段(円) 2191円(税込)

タレの材料には唐辛子と書かれているのですが、食べてみると本当に全く辛さは感じられません。

逆に水飴や砂糖のおかげか、甘みの方が強いかも。

店員さんの言う通り、子供から大人まで一緒に食べられる味です。

今回は100g当たり118円(税込)で約2㎏弱、2191円(税込)で購入しました。

豚バラ肉はカナダ産ですが味付けしていないものでも100g当たり118円前後はするので、かなりお得感のあるデリカですね!

味付なので焼くだけで夕食の1品が出来上がるのも、嬉しいポイントです。

ヤンニョム豚バラ焼肉を焼いてみた!

ヤンニョム豚バラ焼肉をフライパンで焼いてみました。

豚バラは焼くと油がかなり出るので、油はひかなくてOKでした。

まずは火をつけていないフライパンに豚バラ肉を並べます。

お肉にタレがついているため焦げやすいかなと思い、火にかける前に並べてみました。

中火で焼いているとやはりすぐに焦げができてきたので、慌てて火を弱めました。

ヤンニョム豚バラ焼肉を調理するときは、あまり強火で焼かないのがポイントのようです。

豚バラの外側をカリカリに仕上げたかったので、弱火でじっくり焼くことにしました。

数分焼いて裏返すと、こんな感じの焼き色になりました。

さらにじっくり火を通したら、キッチンばさみで食べやすいサイズにカットしました。

ちょっと焦げもできちゃいましたが、外がカリッとなって美味しそうに焼けました。

見ての通り野菜はホントに気持ち程度しか入っていません。

野菜もたくさん食べたい方は、パプリカや玉ねぎをプラスしてみるのも良いかもしれませんね。

ヤンニョム豚バラ焼肉のお味は?

ヤンニョム豚バラ焼肉を食べてみましたが、焼肉屋さんでよくある味付豚バラ肉と同じような誰でも食べやすい味付けでした。

北海道・十勝の豚丼を少し韓国風にアレンジしたような感じで、ごはんが進みそうな美味しさです。

辛さは全くと言っていいほど感じないので、辛いモノが好きな方は唐辛子をプラスしてもいいかもしれません。

サニーレタスなどの野菜にヤンニョム豚バラ焼肉・キムチをのせて巻いて食べても美味しかったです。

野菜と一緒に食べることで、一気にヘルシーな印象になります。

家族はご飯の上にのせて、豚丼風にいただきました。

甘辛のタレがごはんによく合うそうです。

食べすすめて味変したいときは、マヨネーズがおすすめです。

試してみたら、マヨネーズでまろやかな味わいになりましたよ!

ヤンニョム豚バラ焼うどんの作り方(ヤンニョム豚バラ焼肉アレンジレシピ)

ヤンニョム豚バラ焼肉をアレンジして、焼うどんにしてみました。

ヤンニョム豚バラ肉の味も活かしながら、キムチとコチュジャンで辛味を足してみました。

うどんに味が染み込んで美味しかったです。

作り方をまとめておきます!

【材料(2~3人前)】

ヤンニョム豚バラ焼肉 200~300g

冷凍うどん      2玉

タマネギ       半玉

ニラ         1/2束

キムチ        100g

コチュジャン     小さじ1

豆板醤        小さじ1

しょう油       大さじ1

塩コショウ      適量

【作り方】

1.フライパンでヤンニョム豚バラ焼肉を両面こんがりするまで中弱火で焼き、キッチンばさみで食べやすい大きさにカットする(油は不要)

2.スライスした玉ねぎを加えて炒め合わせ、カットしたキムチ・ニラを加えてざっと混ぜ合わせる

3.電子レンジで冷凍うどんを解凍して2のフライパンに加える

4.コチュジャン・豆板醤を加えて混ぜ合わせ、塩コショウで味を調える

5.しょうゆを鍋肌から回し入れ、ざっと混ぜたら完成!

ヤンニョム豚バラ焼肉はおすすめリピ買い商品!

ヤンニョム豚バラ焼肉は食べてみると誰でも食べやすい甘辛味で、コスパも高いおすすめ商品でした。

店員さんが「あの人気商品プルコギビーフを超える勢い!」と言っていましたが、食べてみると納得です。

濃い味なのでキムチチャーハンの具にしたり、溶かしたチーズをかけてチーズダッカルビ風に食べるのも美味しそうです。

まだまだたっぷり残りがあるので、保存袋に入れて冷凍保存してアレンジレシピを考えてみようと思います。

我が家ではきっとリピ買いすると思われるヒット商品でした!

プルコギビーフもまた別の美味しさがあって、捨てがたいですよね。プルコギビーフのアレンジレシピは、こちらでまとめています↓

【コストコおすすめ商品】定番プルコギビーフはアレンジ自在!作り方&おいしい食べ方&アレンジレシピまとめ

よろしければこちらもあわせてご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました