【所JAPAN(所ジャパン)】ブドウ 梨の美味しい食べ方&美味しいフルーツを選ぶコツ(9月28日)

スポンサーリンク
生活の知恵
スポンサーリンク

2020年9月28日の『所JAPAN(所ジャパン)』では、フルーツ研究家・中野瑞樹先生が登場!

11年間肉・野菜・水も口にせずフルーツしか食べない生活を送る中野先生が、美味しいフルーツの食べ方を伝授してくれます。

この記事では、美味しいフルーツの選び方や旬のブドウ・梨の美味しい食べ方をまとめます!

スポンサーリンク

スーパーのフルーツの選び方

中野先生によると、ある条件を満たしたフルーツ売り場がベストだと言います。

●フルーツコーナーとお魚コーナーが遠い

フルーツに魚の臭いがつくため、お魚コーナーと遠いスーパーを選んでいるそうです。

●バナナはヘタを下にしてカーブの部分を上に置いている

バナナのヘタを下にすると、バナナの痛みが少ないそうです。フルーツの置かれ方も重要です。

さらにフルーツの選び方も教えてくれました。

●ブドウなら粒が不揃いではなく、そろっているものを選ぶ

中野先生はこの日、1万2千円分の果物を買いました。

このような買い出しを週3回は行うそうです。

中野先生はフルーツ生活で、すねの毛がなくなりツルツルになったんだとか。

ブドウはむき方で甘さが激変!

ブドウはどこから食べるかで味の印象が激変するそうです。

房の上の方と下の方でどちらが甘いでしょう?

⇒上の方

上の糖度:17.1 下の糖度:10.6

と圧倒的に上の方が甘いことが分かりました。

そのため上の方から食べると最後に酸っぱく感じてしまうため、下から食べた方が最後まで甘く感じます。

ブドウの皮を簡単にむく方法

ブドウの皮がつるっとむける道具は?

①鍋 ②ピーラー ③すりこぎ ④しゃもじ

 

⇒①鍋

鍋にお湯を沸かし、ブドウを湯通しすることで皮がスルっとむけます。

【手順】

1.ブドウの実を皮のまま沸騰した湯の中へ入れる

2.20秒つけたら素早く氷水に移す

佐々木希さんが試してみましたが、つるんとむけませんでした。

お湯をしっかり沸騰させないと、このように失敗するそうです。

ブドウの実と皮の間にはペクチンという層があり、熱湯に浸すとペクチンが溶け皮がつるんとむけます。

そのために必要な温度は90℃以上です。

充分に温めた状態で氷水に入れると、温度差で皮が簡単にむけます。

約20秒ほどなら味に影響はありません。

この方法はむきづらい桃にも応用可能です。

梨の味が落ちない保存法

梨はそのまま冷蔵庫に入れると、乾燥して味が落ちてしまいます。

透明の袋に入れ、冷蔵保存するのがおすすめです。

水分の蒸発を防ぐため透明な袋に入れます。

透明な袋なら保存状態をすぐにチェックできます。

梨が劇的に甘くなるむき方

梨を食べる時くし切りにする人が多いかもしれませんが、あるむき方をすると梨が劇的に甘くなるそうです。

梨が甘くなるむき方とは?

 

 

⇒まず横にカット!

【手順】

1.梨を横にして半分にカットする

2.さらに4分の1にカットする

3.酸っぱさがある芯に近い部分を包丁でくり抜く(梨は芯のところにえぐみや酸っぱさがあります。)

4.皮はできる限り薄くむく

5.食べやすいサイズにカットする

スタジオで試食したところ、甘みや水分が全く違うそうです。

まとめ

美味しいフルーツの選び方や食べ方を紹介しました。

同じ日に放送された家庭の悩みを解決する仕掛学は、こちらでまとめています↓

【所JAPAN(所ジャパン)】仕掛学で家庭の悩みを解決!子供が自然と片付けたくなる方法とは?(9月28日)

タイトルとURLをコピーしました