【主治医が見つかる診療所】 たまねぎで血液サラサラに!アリシンをとるおすすめ調理法(10月29日)

スポンサーリンク
グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2020年10月29日の『主治医が見つかる診療所』では、血管・血液若返り食材・玉ねぎが特集されました。

北海道名産の玉ねぎは、血管・血液を若返らせ、健康に効果的だそうです。

この記事では、たまねぎの血液サラサラ効果やおすすめレシピを紹介します!

スポンサーリンク

アリシンで血液サラサラに!

アリシンとは玉ねぎを切ったときに出てくる成分で、血液中の血小板が過剰に固まるのを防ぐ働きがあります。

血液をサラサラにして、血栓予防効果が期待できます。

タマネギを刻むとき目がしみなくなる裏技

タマネギを刻むとき、涙が出てしまうのはアリシンのせいだそうです。

タマネギが目に沁みなくなる裏技とは?

 

『割り箸をくわえてタマネギを切る!』

割り箸で唾液の分泌が促進され、涙が出る反応より優先されるためだそうです。

アリシンを効率よくとる方法

アリシンを多く摂るには、タマネギをみじん切りにして市販のドレッシングや焼き肉のタレなどに混ぜるのがおすすめだそうです。

めんつゆなどに入れて、ソバの薬味として食べても美味しいとのこと。

まとめ

タマネギの血液サラサラ効果についてまとめました。

次のページでは、血管をしなやかにするケルセチンも血液サラサラにするアリシンも効率よく摂れるレシピを紹介します!

『主治医が見つかる診療所』丸ごとタマネギのグラタン風の作り方 血管・血液若返りレシピ(10月29日)

タイトルとURLをコピーしました