【主治医が見つかる診療所】丸ごとたまねぎレンチン蒸しの作り方 たまねぎで血管若返り!ケルセチンをとるおすすめ調理法(10月29日)

スポンサーリンク
健康関連情報
スポンサーリンク

2020年10月29日の『主治医が見つかる診療所』では、血管・血液若返り食材・玉ねぎが特集されました。

北海道名産の玉ねぎは、血管・血液を若返らせ、健康に効果的だそうです。

この記事では、たまねぎの血管若返り効果やおすすめ調理法についてまとめます!

スポンサーリンク

玉ねぎの若返り効果!血管をしなやかにするケルセチン

玉ねぎには血管をしなやかにする『ケルセチン』という成分が含まれており、血液の中に入って血管の傷ついたところを修復する作用があるそうです。

またコレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化を予防する働きがあります。

野菜の中でも玉ねぎはケルセチンの含有量が多く、血管若返りに最適なんだとか。

ケルセチンは日光に当たれば当たるほど増えるため、春にとれる玉ねぎよりも日差しを多く浴びた秋にとれる玉ねぎのほうがケルセチン量が多いそうです。

ケルセチンを増やす方法

家庭でも簡単な方法で、ケルセチンを増やすことができます。

アルミホイルを敷きその上でたまねぎを天日干しするだけで、1週間程度でケルセチン量が約3倍になります。

タマネギは1日1/2個くらいとると効果的だそうです。

丸ごとたまねぎレンチン蒸し(ケルセチンをとれるおすすめ調理法)の作り方

タマネギを簡単に半玉とれる専門家おすすめレシピです。

1.玉ねぎを電子レンジ700wで約5分加熱する

2.外皮を剥き、塩やバジルなどで味付けすれば完成!

ケルセチンを効率的にとる方法

ケルセチンは油と一緒にとると吸収率が上がります。

『たまねぎのかき揚げ』は、ケルセチンをとるのに最適な料理だそうです。

ただしケルセチンは水溶性のため、煮ると溶けだしてしまいます。

煮る場合はスープやカレーなど煮汁もいただく料理なら、栄養を逃さず食べられます。

『赤たまねぎのピクルス』も、ケルセチンをとるのにおすすめだそうです。

赤玉ねぎはくせが少なく、水分が多いため生食向きです。

食べやすいサイズにスライスして、市販の調味酢に半日ほど漬けるだけでできます。

タマネギ+酢(血圧を下げて血流を良くする作用)⇒血管若返り効果アップ!

ケルセチンはアレルギーを抑えるのにも効果的

ケルセチンはアレルギーを抑える効果もあるそうです。

アレルギー物質のヒスタミンの遊離を抑制して、花粉症・喘息・鼻炎・アレルギー性皮膚炎などを抑える効果も期待できます。

まとめ

たまねぎの血管若返り効果や効果的な食べ方を紹介しました。

次のページでは、血液サラサラ効果やおすすめの食べ方についてまとめます!

【主治医が見つかる診療所】 たまねぎで血液サラサラに!アリシンをとるおすすめ調理法(10月29日)

タイトルとURLをコピーしました