【主治医が見つかる診療所】桑山哲也さん(藤田朋子さん夫)のマヨネーズ生活&近い将来発症する病気とは?(『芸能人自撮りドック』6月18日)

スポンサーリンク
健康関連情報
スポンサーリンク

2020年6月18日の『主治医が見つかる診療所』では、『芸能人こだわり健康法&コロナ太り解消マル秘ワザSP』が放送されました。

藤田朋子さんの夫・桑山哲也さんのマヨネーズ生活は、近い将来どんな病気を発症する原因になる⁉

以前も脳動脈瘤などの可能性を指摘されていた桑山さんですが、現在はどんな生活を送っているのでしょう。

この記事では、桑山哲也さんの生活習慣の問題点や近い将来発症する恐れのある病気についてまとめます!

スポンサーリンク

昼夜逆転の生活

コンサートが中止になっている今、桑山さんは昼夜逆転の生活を送っているそうです。

この日は午前11時半に寝て、午後3時に起きました。

石原先生によると、昼夜逆転の生活で太陽の光を浴びないとビタミンDが十分作られず、検疫力低下の恐れがあるそうです。

間食の摂り過ぎ

午後4時にアコーディオンの練習を始めた桑山さん。

午後5時半になると、この日最初のおやつにアイスをいただきます。

その30分後にはあんみつをパクリ。

さらに15分後にはソーセージをつまんでいました。

夕方6時過ぎに夕食をとりますが、藤田さんが夫の健康を気遣い、もずく酢など体に良いメニューを準備していました。

マヨネーズの摂り過ぎ

別の日にはマヨネーズをたっぷりかけた焼きそばパンを、間食に食べていました。

その日の夕食はミネストローネや長いものマヨネーズあえ、鶏むね肉のロールキャベツなど、野菜たっぷりのメニューでした。

ところがこの後せっかくの健康的なメニューに追いマヨ!

名医のチェックポイント

姫野先生によると、空腹時に甘いものを食べると血糖値が急上昇する『血糖値スパイク』が起こるそうです。

血糖値スパイクを繰り返すと、糖尿病動脈硬化を発症する可能性大とのこと。

桑山流健康法

●桑山流健康法① 半身浴

お風呂の温度は44℃と高めでした。

入浴後、体重は1.2㎏減に。

⇒中山先生によると、お風呂の温度が高すぎ!高温のお風呂に入ると血管が細くなり、血液が流れにくくなります。

さらに体内の水分が減って血液がドロドロになりやすく、血栓症などが起きやすくなります。

また体重が減ったのは、脂肪の燃焼ではなく脱水の結果です。

●桑山流健康法② ノンアルコールビール

入浴後は甘いジュースの代わりに、カロリー・糖質ゼロのノンアルコールビールを飲んでいました。

⇒秋津先生によると、ノンアルコールビールを飲んだ後体重を測ってみたら元の体重に戻っているはず!とのこと。

●桑山流健康法③ ガレージで数分の運動

数回の背筋運動や腕立て伏せで終了していました。

⇒南雲先生によると、現在の体重でいきなり息をこらえて運動すると血圧も上がり関節や筋肉にも負担がかかるとのこと。

ウォーキングなど有酸素運動で、ゆったりとした運動をするのがおすすめだそうです。

医師の診断結果は?

●石原先生⇒骨粗しょう症

運動をほとんどしていないため、骨に負荷がかかっていない

太陽の光を浴びていないため、骨の健康を保つビタミンDが作られていない

●秋津先生⇒痛風発作

桑山さんは体中リスクの塊ですが、これまで薬で押さえていただけとのこと。

●南雲先生⇒大腸がん

糖質を食べて食物繊維が不足していると腸内環境が悪化して悪玉菌が繁殖し、腸炎を起こす⇒腸ポリープ⇒大腸がんの可能性

●中山先生⇒突然死

このままの生活習慣を続けていたら、正確な死因が分からない状態になる可能性も。

●上山先生⇒くも膜下出血

桑山さんは6年前に脳動脈瘤が見つかったそうです。

脳動脈瘤:脳の血管の分かれ目などにできるコブ⇒破裂するとくも膜下出血に!

約3分の1が死亡すると言われる病気です。

診察を受けて、現在の状況を確認してみた方が良いそうです。

まとめ

問題が多々ある診断結果でした。

次のページでは、丸山桂里奈さんの自撮りドックについてまとめます!

【主治医が見つかる診療所】丸山桂里奈さんはお酢中毒?生活習慣に名医がガチ切れ説教!(『芸能人自撮りドック』6月18日)

タイトルとURLをコピーしました