【主治医が見つかる診療所】(4月30日)自然と痩せてお腹が引っ込む代謝アップ食材(超簡単代謝アップ法)

スポンサーリンク
健康関連情報
スポンサーリンク

2020年4月30日の『主治医が見つかる診療所』では、『おうちでできる!超カンタン代謝アップ法SP』が放送されました。

代謝がアップする食材について教えてくれたのは、管理栄養士の赤石定典先生です。

この記事では、自然と痩せてお腹が引っ込む3つの食材についてまとめます!

スポンサーリンク

世界一カロリーがない『キュウリ』

キュウリは世界一カロリーが低い野菜として、ギネスにも載っている野菜です。

ところがキュウリに含まれるホスホリパーゼ脂肪を分解する酵素で、今注目を集めています。

ホスホリパーゼは熱に弱いため、煮たり炒めたりせず生で食べるのがベストです。

Q.代謝をより上げるキュウリの食べ方は?

A.輪切り  B. スライス  C.すりおろし

 

 

正解:C.すりおりし

キュウリを細かくすることで細胞が壊れる⇒ホスホリパーゼがより活性化!

次のような食べ方がおすすめです。

●豆腐にのせる

●納豆に混ぜる

●もずくに加える

これからが旬の『トウモロコシ』

トウモロコシにはビタミンB群(ビタミンB1、B2、B6)が豊富に含まれています。

他の野菜の2倍近くも含まれているそうです。

ただし水に溶けやすい栄養素なので、調理法には工夫が必要です。

【トウモロコシの調理法】

皮ごと蒸すことでビタミンB群を損せずに摂れる!

皮付きでない場合、ラップで包んでもOKです。

トウモロコシは噛む回数が増える食材なので、噛むことで唾液が分泌され消化も上がる!

噛むことによって、代謝も上がるそうです。

食物繊維が豊富なので、便秘の解消にもおすすめです。

内臓脂肪を燃焼する『エノキ』

エノキに含まれるキノコキトサンは、脂肪を燃焼してくれます。

ただし、エノキも調理前に工夫が必要です。

Q.エノキの細胞を壊して、細胞の中にある脂肪燃焼成分を取り出す方法は?

 

 

正解:冷凍する

1回冷凍することで細胞が壊れ、内臓脂肪を燃焼する成分が効率よく摂れるのです。

水分が出るので、一緒に調理するのがおすすめとのこと。

『カレイのムニエル キュウリのすりおろしソース添え』の作り方

心療内科の姫野先生が良く作る代謝アップ料理は、『カレイのムニエル キュウリのすりおろしソース添え』です。

1.カレイに塩コショウで下味をつけ、片栗粉をまぶしてバターで焼く

2.キュウリをすりおりして水分を少し取りマヨネーズで和え、焼いたカレイにのせれば完成!

『なんちゃってガスパチョ』の作り方

循環器内科の秋津先生のおすすめ代謝アップ料理は、『なんちゃってガスパチョ』です。

1.茹でたトウモロコシと解凍させたエノキを3~5㎜程度に細かく切る

2.1にすりおろしキュウリ・トマトジュース・オリーブオイル・黒コショウを加え、混ぜ合わせる

代謝アップに効果的なお肉

内科・リウマチ科の中山先生によると、ラム肉マトンに多く含まれるL-カルニチンという栄養素は脂肪燃焼に効果的だそうです。

乳腺外科・形成外科の南雲先生によると、脂肪燃焼するのは細胞の中にあるミトコンドリアという器官で、ビタミンB群がバランスよく揃っていないと働かないそうです。

代謝に必要なビタミンB群が豊富な食材はレバーです。

まとめ

代謝アップに効果的な食材&レシピをまとめました。

次のページでは、代謝アップ&ほうれい線が消えるトレーニングについてまとめます!

【主治医が見つかる診療所】(4月30日)たるみ&ほうれい線を消す舌トレのやり方(超簡単代謝アップ法)

タイトルとURLをコピーしました