【ぴったんこカンカン】(1月17日)高橋一生&蒼井優が手料理!ピエンロー鍋の作り方

スポンサーリンク
エンタメ情報
スポンサーリンク

2020年1月17日の『ぴったんこカンカン・スペシャル』では、料理上手な高橋一生さんと蒼井優さんが作るピエンロー鍋のレシピが紹介されました。

「そもそもピエンロー鍋って何?」という人も多いのでは?

この記事では、ピエンロー鍋の情報や番組で放送された作り方をまとめます!

スポンサーリンク

料理の前に餃子の名店・珉珉(ミンミン)へ

高橋一生さん、蒼井優さんが料理を披露する前に、赤坂の老舗中華のお店『珉珉』へ。

粗くひいた豚肉と白菜の旨味が詰まった焼き餃子(660円)は、1日1000個も出る人気商品!

ごま油と醤油でしっかり味をつけるのがポイントだそうです。

お酢と胡椒で食べるのも、こだわりなんだとか。

炒醤餃子(味噌ギョーザ)935円は、女将さんおすすめの一品。

肉あんかけがたっぷりかかっていて、安住さんいわく「麻婆ダレっぽい味」だそうです。

このほかにも、ドラゴン炒飯(825円)や茄子カレー(1540円)も登場していました。

ピエンロー鍋ってなに?

ピエンロー(扁炉)鍋とは、干しシイタケの出汁で作る白菜鍋のこと。

妹尾河童さんが著書で紹介されたことで、有名になったそうです。

ググってみると、キューピー3分クッキングなどでもレシピが紹介されたことがあるようですね。

調味料はごま油・塩・一味と超シンプル!

一緒に入れる春雨に出汁がしみ込み、白菜の旨味を味わえる鍋です。

高橋一生さんが作るピエンロー鍋は、どんな感じなのでしょう。

高橋一生流!ピエンロー鍋の作り方

【材料】

白菜

鶏肉

豚バラ肉(薄切り)

しらたき

塩・黒胡椒

【作り方】

1.白菜を5㎝幅くらいに切り、鶏肉は食べやすいサイズにカットしておく

2.鍋に白菜を敷きつめて豚バラ肉を間に挟み、鶏肉を上にのせる

3.塩・黒胡椒を適量振りかけ、水を半分くらい入れて火にかける

4.途中でしらたきを投入する

5.全体に火が通ったら、出来上がり!

高橋一生さん手作りの鍋のお味は?

高橋一生さん特製のピエンロー鍋を、みんなで試食です。

蒼井優さんも安住アナも、「美味しい!」と絶賛していました。

「アッサリしているのに、物足りなくない」とのこと。

途中ポン酢ごま油などを足して味変するのもおすすめだそうですよ。

一般的なピエンロー鍋よりもさらにシンプルな作り方でしたが、素材の味を楽しめそうなレシピですね!

蒼井優さんは生地から手作りのたこ焼きを披露してくれました。

アサリ缶の汁を加えるのがポイントだそう。

生地に味付けするのを忘れたそうですが、ネギがたっぷりかかっていて、とてもおいしそうでした。

寒い冬にピッタリな鍋料理!

白菜が主役のピエンロー鍋は、寒い冬にピッタリな鍋料理でした。

ネットでも色々なピエンロー鍋レシピが紹介されていますが、シンプルな高橋一生さん流の作り方も参考にしてみてはいかがでしょう。

タイトルとURLをコピーしました