【この差って何ですか】(3月31日)ショートヘアが似合う人の差!5.5㎝ルールとは?

スポンサーリンク
エンタメ情報
スポンサーリンク

2020年3月31日の『この差って何ですか?』では、ショートヘアが似合う人と似合わない人の差が特集されました。

美容業界では常識の『5.5㎝ルール』があるそうです。

この記事では、ショートヘアが似合う人の違いをまとめます!

スポンサーリンク

ショートヘアが似合うかわかる『5.5cmルール』とは?

日本顔タイプ診断協会 理事長 岡田実子さんによると、髪を切らなくても顔のある部分の長さを見ればショートヘアが似合うかわかるそうです。

『5.5㎝ルール』とは、イギリスのカリスマ美容師・ジョン フリーダさんが発見したショートヘアが似合うか判別できる法則です。

耳の下からアゴまでの長さが5.5㎝未満の人は、ショートヘアが似合うそうです。

逆にその長さが5.5㎝以上の人は、ショートヘアが似合わないそうです。

ホラン千秋さんはショートヘアで仕事激増!

ホラン千秋さんも5.5㎝ルールに当てはまる人(5.2㎝)で、髪をショートヘアにしてから仕事が激増したそうです。

逆にアゴまでの長さが6.2㎝のMC川田裕美さんは、ショートヘアが似合わないということがわかりました。

5.5㎝ルールに当てはまらない人がショートヘアにすると、あごの長さが強調され顔の長さが目立ってバランスが悪くなってしまうそうです。

5.5㎝ルールに当てはまらなくてもショートが似合う方法とは?

5.5㎝ルールに当てはまらない人も、ショートヘアが似合う方法があるそうです。

①耳の横にボリューム

1つ目は耳の横にボリュームを出すことです。

パーマをかける、丸いシルエットにするなど、耳の横にボリュームを出すことが大事です。

②ほおの横にボリューム

ほおの横にボリュームのあるショートヘアにすれば、バランスが取れてアゴまでの長さが気にならないそうです。

この方法で川田裕美さんに似合うウィッグをつけてもらったところ、ショートヘアでもお似合いでした。

まとめ

ショートヘアが似合う人と似合わない人の差は、耳下からアゴまでの長さの差でした。

同じ日に放送された内容を最初からご覧になりたい方は、こちらからお願いします↓

【この差って何ですか】(3月31日)絶対使うべきスマホ機能ベスト5!(Siri・マップ・Googleレンズなど便利アプリ)