【かみひとえ】(5月18日)四千頭身・後藤さんのデカ盛り酢豚飯の作り方(俵飯の中華レシピ)

スポンサーリンク
グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2020年5月18日の『かみひとえ』では、四千頭身の3人がテレワークでデカ盛り中華丼に挑戦!

教えてくれたのは、東京・小金井市の中華料理店『俵飯』店長俵さんです。

料理初心者という四千頭身・後藤拓実さんですが、料理は完成するのでしょうか⁉

この記事では、後藤拓実さんが挑戦した『デカ盛り酢豚飯』の作り方をまとめます! 

スポンサーリンク

デカ盛り酢豚飯の作り方(後藤拓実さん作)

引用:テレ朝公式Youtube

【材料】

米            3合

豚バラ肉(ブロック) 150g

玉ねぎ           1個 

ジャガイモ       1個

小松菜            1株

しいたけ        2枚  

油            適量

塩           10g

砂糖          100g

酢           50ml

醤油          30ml

水           90ml  

水溶き片栗粉      適量

【作り方】

1.米を洗い、炊飯器で炊く

2.豚バラ肉を2㎝幅にカットする

3.玉ねぎの皮をむき、薄切りにする

4.ジャガイモを1㎝幅にスライスする

5.小松菜を3㎝幅にカットする

6.シイタケの傘を1㎝幅にスライスする

7.豚バラ肉に片栗粉をまぶす

8.豚バラ肉と小松菜以外の野菜を、フライパンに薄くひいた油で揚げ焼きする(大きな中華鍋がない場合、野菜・豚バラ肉をそれぞれ別のフライパンで揚げ焼きする)

<ポイント>油通し(高温の油に食材をくぐらせ水分を無くし、うま味を閉じ込める)の代わりに、豚肉を片栗粉でコーティングして揚げ焼きすることでうま味を閉じ込める!

9.揚げ焼きした具材を小松菜の上にのせる(小松菜は余熱で火を通す)

10.塩・砂糖・酢・醤油・水を量り、混ぜ合わせて甘酢を作る

11.ご飯を丼に盛る

12.フライパンを強火にかけ、10の甘酢ダレを投入する

13.水溶き片栗粉でとろみをつける

14.具材を入れ餡に絡める

15.豚肉をご飯に差しこむ

16.丼の下に皿を敷き、残りの餡をご飯の上にかければ完成!

デカ盛り酢豚飯のお味は?

後藤さんは料理初心者ということもあり、約2時間で料理が完成しました。

出来上がった酢豚丼は、なんと約1.5㎏!これを後藤さん一人で食べきります。

食べてみると予想以上に美味しいようで、「これイケるわ!」と言ってホントに完食しちゃいました。

一人で食べるとなるとちょっと量が多すぎですが、分量を減らせば普通に美味しい酢豚丼が家でも作れそうですね!

次のページでは、四千頭身・都築さんが作った『天津飯』の作り方をまとめます!

【かみひとえ】(5月18日)四千頭身・都築さんのデカ盛り天津飯の作り方(俵飯の中華レシピ)

タイトルとURLをコピーしました