【林修の今でしょ講座】10カウント呼吸法&呼吸筋ストレッチのやり方(動画あり)!秋野暢子さんが実践(12月8日)

スポンサーリンク
健康関連情報
スポンサーリンク

2020年12月8日の『林修の今でしょ講座』では、コロナ対策法として『10カウント呼吸法』のやり方が放送されました。

話題のベストセラー『10カウント呼吸法』を実践すれば、肺が鍛えられコロナ対策にもなる⁉

この記事では、10カウント呼吸法&呼吸筋ストレッチのやり方をまとめます!

スポンサーリンク

10カウント呼吸法のやり方

1.鼻から4秒息を吸い、肩をゆっくり上げる

2.口から6秒息を吐き、肩をゆっくり落とす

鼻から4秒吸い、口から6秒吐くのが基本の呼吸法です。

あなたは鼻呼吸?口呼吸?危険な口呼吸が増えている!

手を胸とお腹にあてて、鼻呼吸・口呼吸をやってみましょう。

鼻呼吸⇒お腹まで広がる

口呼吸⇒胸までしか広がらない

口呼吸の場合、空気を数量がー10~20%も減ってしまうそうです。

専門家によると、現代人の約5割が口呼吸になっていると言います。

しかも最近はマスクをすることが多いため、苦しくなり口呼吸をするクセがついてしまうことが多いようです。

呼吸筋が衰えると感染症で重症化しやすい⁉

息を吸う時⇒肺を膨らませる「吸息筋」

息を吐く時⇒肺を縮ませる「呼息筋」

がそれぞれ使われています。

これらの筋肉が衰えてしまうと肺の気のも衰えるため、感染症にかかったとき重症化しやすくなってしまいます。

健康的に過ごすためには、呼吸筋をしっかりほぐすことが重要です。

肺機能の老化現象は20代から始まっています。

専門家によると、姿勢を保っている筋肉は全て呼吸筋です。

スマホで長時間前かがみになっていると、胸の筋肉が動かなくなり不調につながるそうです。

首のストレッチ

正しい呼吸は充分な酸素を吸うことが重要です。

首の筋肉が硬くなると浅い呼吸・肩こりなどの原因に。

息を吸う筋肉をほぐす首のストレッチで、筋肉を柔らかくしましょう。

1.肩幅に足を開いて立つ

2.鼻から4秒息を吸いながら首を横に向ける

3.口から6秒息を吐きながら首を元に戻す

左右1日4、5回行いましょう。

胸のストレッチ

息切れ対策にも役立つ胸のストレッチです。

1.肩幅に足を開いて立つ

2.鼻から4秒息を吸いながらあごを上げる

<ポイント>両手で胸を押さえる

3.口から6秒息を吐きながら顔を戻す

動きがつらい人は座って行うなど楽な姿勢で良いそうです。

全身に酸素が回ることで冷え性対策になり、肌のくすみ改善も期待できます。

背中と胸のストレッチ

僧帽筋(そうぼうきん)をほぐすと、肩こりの改善も期待できます。

1.膝を軽く曲げて立つ

2.両手を組んで鼻から4秒吸いながら伸ばす

<ポイント>大きなボールを抱えるイメージで。お尻を突き出さない!

3.口から6秒吐きながら手を胸元に近づける

体幹のストレッチ

筋肉が硬くなると酸素の入れ替えが難しくなり、残気量が増えてしまいます。

吐く筋肉が弱まると、体に新鮮な空気を取り込むことができません。

結果代謝が低下し、疲れやすい体になってしまうそうです。

そこでおすすめなのが、体幹のストレッチです。

1.肩幅に足を開いて立ち、両手を頭の後ろで組む

2.鼻から4秒息を吸い込む

3.口から6秒息を吐きながら手の甲を上に向け上げる

できるだけ息を吐ききることを意識して行います。

3の時、上げた手を後ろに引くとより効果的です。

胸壁のストレッチ

吐く筋肉の内肋間筋をトレーニングできるストレッチです。

1.両手を後ろで組む

2.鼻から4秒息を吸う

3.口から6秒息を吐きながら両腕をうしろに伸ばす

<ポイント>肩甲骨を閉め、両腕をうしろに伸ばす

ストレッチが苦手な人は…

ストレッチは筋肉を意識することが重要です。

まずは前屈してみましょう。

お尻から膝の裏まで10回さすります。

再度前屈してみると、前よりもよく曲がるようになります。

運動は筋肉を意識すると効果アップが期待できます。

筋肉に意識するとストレッチしやすくなるそうです。

秋野暢子さんの10カウント呼吸法は、こちらの動画でも紹介されています↓

【林修の今でしょ!講座】秋野暢子×斎藤アナ呼吸筋ストレッチ応用編

同じ日に放送された正しい歯磨き法は、こちらでまとめています↓

【林修の今でしょ講座】歯磨きの正しい方法&あいうべ体操のやり方 口腔ケアで免疫アップ&コロナ対策(12月8日)

タイトルとURLをコピーしました