【林修の今でしょ講座】サーモンとキノコのアヒージョの作り方 米油アレンジ&健康効果 2月9日

スポンサーリンク
エンタメ情報
スポンサーリンク

2021年2月9日の『林修の今でしょ!講座』では、油講座SPが放送されました。

米油の肌トラブルへの効果とは?

この記事では、米油の健康パワーについて紹介します!

スポンサーリンク

ボーソー油脂 米油とは?

ボーソー油脂の米油は、揚げ物などがカラッと揚がるということで人気の商品です。

2007年に発売され、累計1000万本売れているそうです。

和牛の水田さんもこちらの商品を愛用中なんだとか。

米油はお米ではなく、米ぬかから作っているそうです。

米ヌカは玄米から精米して白米にする段階で出る部分ですが、お米の栄養の9割がここに含まれているそうです。

こちらの商品には100%国産の米ぬかが使用されています。

米ぬかを抽出すると米油になる部分とライスワックスに分かれますが、ライスワックスは化粧品や石鹸の原料として使われます。

米油の抗酸化パワーとは?

米油には抗酸化作用の強い2つの成分が含まれています。

⒈トコトリエノール

⒉ガンマオリザノール

他の油にはほとんど入っていませんが、米油にはたっぷり含まれています。

抗酸化物質をとると活性酸素を退治⇨血流改善⇨肌の新陳代謝アップ!⇨肌トラブル改善!

に繋がるそうです。

サーモンとキノコのアヒージョの作り方

出典:テレビ朝日

【材料】

サーモン

しめじ

しいたけ

マッシュルーム

ニンニク

米油

塩胡椒

【作り方】

⒈しめじ・しいたけ・マッシュルームなどを切る

⒉米油の入ったフライパンでみじん切りしたニンニクを炒める

⒊サーモン・キノコ類を入れて煮込み、塩胡椒で味付けすれば完成

クセがなく食べやすいアヒージョになります。

米油なら油汚れも少ない!

油の最大の天敵は熱です。

油が酸化するとドロドロになり、コンロ周りにへばりついてしまいます。

米油は抗酸化物質が身代わりになり油の酸化を防ぐので、油汚れをかなり軽減できるそうです。

一般的な油と米油を7時間加熱したところ、他の油が粘っこくなったのに対して米油は粘度が低くサラッとしていました。

もし換気扇などが汚れたとしても、米油ならさっと拭き取るだけでキレイに汚れが取れるそうです。

まとめ

美肌に効果的な米油の利点とアレンジメニューをまとめました。

次のページでは、から揚げの日の油の美味しさの秘密を紹介します↓

【林修の今でしょ講座】から揚げの日の油が美味しい秘密 油講座SP(2月9日)