【ひとつ利口になりました】織田信長のビジネステクニック 偉人の年収ランキング1位を誇る金儲けの方法とは?(8月25日)

スポンサーリンク
エンタメ情報
スポンサーリンク

2020年8月25日の『ひとつ利口になりました!』では、織田信長の驚きのビジネステクニックが公開されました。

実は金儲けの天才で、歴史上の偉人の年収ランキングでは圧倒的1位(現在の通貨に換算して1750億円)を誇る織田信長の金儲けの方法とは?

この記事では、織田信長のビジネステクニックについて紹介します!

スポンサーリンク

道路を整備して道幅を広げた!

実は軍事的に強くなかった織田信長が領地を広げていけた理由が、財力だったと言います。

信長は旗印にも、永楽通宝というお金を記していました。

当時他の地域は敵からの侵略を防ぐため狭く曲がった道で国を守っていましたが、信長は経済を優先して道路の道幅を広げ、まっすぐな道を整備しました。

さらに関所の通行料を廃止し、物価高騰を防いだと言います。

武士の訓練の相撲をイベント化

Q.信長が金儲けのために広めたこととは?

⇒相撲大会をイベント化!

当時節の訓練だった相撲をイベント化し、相撲大会で収益を得るだけでなく、優れた力士には褒美を与え家臣として召し抱えました。

人集め&軍事強化を同時にできる一石二鳥のイベントだったそうです。

安土城をライトアップして集客!

3年かけて安土城を完成させた織田信長は、ここでも金儲けをします。

Q.安土城で開催したお金儲けイベントとは?

⇒ライトアップ

建物に提灯を吊るす、松明を灯した船を浮かべるなどしてライトアップしたそうです。

 

安土城の建築費用は100億円以上!

1582年には安土城を公開し、信長本人が受付をしたという話も。

その建築費用は100億円以上だったと言います。

まとめ

織田信長のビジネステクニックについてまとめました。

アイデアだけでお金を生み出す能力は、今でも参考になるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました