【ヒルナンデス】(5月5日)セルフヘアカラーのやり方(マスカラ&ティッシュ活用!)(表参道『BUMP』美容師直伝!)

スポンサーリンク
美容関連情報
スポンサーリンク

2020年5月5日の『ヒルナンデス』では、人気美容師がセルフヘアカット&ヘアカラーのやり方を教えてくれました。

上手なヘアカラーのポイントを教えてくれたのは、表参道『BUMP』プロデューサーの渡邊義明さんです。

美容院へ行けずにプリン頭や白髪に困っている人必見!

この記事では、番組で紹介されたセルフヘアカラーの方法をまとめます!

スポンサーリンク

セルフヘアカラーのやり方① 分け目の塗り方

セルフカラーで染めるべきパーツは、分け目顔周りのTゾーン2か所だそうです。

分け目の部分はあまり頭皮につかないよう、カラー剤をのせる感じで塗っていきます。

<ポイント>

根元は暗いほうが自然なので、根元に近い場所にはカラー剤をのせすぎない

セルフヘアカラーのやり方② 顔周りのTゾーン

顔周りのTゾーンは、毛を持ち上げて根元から塗っていきます。

サイドのうぶ毛など塗りにくい部分は、使い終わったマスカラのハケにカラー剤をつけて塗るのがおすすめ!

セルフカラーのやり方③ ティッシュで覆いかぶす

最後は塗った部分にティッシュをしっかり覆いかぶすようにつけるのがポイント。

白髪が浮きづらく、しっかり染まるそうです。

指定の時間放置した後しっかり洗って乾かせば、簡単にセルフカラーが完成します。

プリン頭に悩んでいたADさんも、気にならなくなるほど自然に染まりました。

まとめ

渡邊さんによると、このセルフヘアカラーで1~2か月は持つのでは?とのことです。

なかなか美容院に行けない今、ぜひ活用したいですね!

次のページでは、モデルが実践するふくらはぎのセルフ脚ほぐしのやり方をまとめます!

タイトルとURLをコピーしました