【林修の今でしょ講座】(6月2日)ホットプレートで作るチャーハンの美味しい作り方(名店『餃子の王将』が伝授!)

スポンサーリンク
グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2020年6月2日の『林修の今でしょ!講座』では、ホットプレートメニューの美味しい作り方や調理法を、名店のプロから教わる特別企画が放送されました。

ホットプレートで美味しいチャーハンを作るプロ技を、『餃子の王将』などの名店に学びます。

この記事では、番組で紹介されたチャーハンの美味しい作り方をまとめます!

スポンサーリンク

使用するごはんは『炊き立てのご飯』

今回4つの名店から炒飯の作り方を学びますが、どのお店もチャーハンに使うご飯は『炊きたてのご飯』でした。

冷めたご飯を使うと水分が飛び過ぎて、パサパサになりやすいそうです。

『餃子の王将』が伝授!パラパラチャーハンの作り方

1.ボウルに卵を割り入れてかき混ぜる

2.温かいご飯を加えて混ぜ合わせる

<ポイント>冷たいご飯はNG!たまごかけご飯にして炒めるとパラパラになりやすく、でんぷんでお米が固まらない!

3.180℃のホットプレートに2のご飯を入れ、箸で混ぜながら炒める(隣でカットしたチャーシューも炒める)

4.しょう油5㏄をホットプレートに直接かけ、香りをたたせる

5.めんつゆ5㏄、お酒5㏄をチャーハンに直接かけ、軽く炒めれば完成!

『中華風家庭料理ふーみん』の納豆チャーハンの作り方

『中華風家庭料理ふーみん』の納豆チャーハンは、納豆の味を生かした炒飯で人気メニューです。

1.ボウルに温かいご飯を入れ、溶き卵を半分入れて混ぜ合わせる

2.残りのたまご半分を熱したホットプレートに入れ、半熟に焼く

3.1のご飯を投入し、一緒に炒め合わせる

4.ネギ、チャーシューなどを入れ、混ぜ合わせる

5.納豆をかき混ぜないで入れ、素早く炒め合わせる

<ポイント>納豆を入れたら素早く!

『チャーハン王』のチャーハンの作り方

『チャーハン王』のチャーハンは、ひき肉と野菜をペースト状にして旨味とコクを出しているのがポイントです。

【旨味とコクを出すペーストの材料】

ひき肉 20g  キャベツ 4g  玉ねぎ 少々  ニラ 2g  ビーフブイヨン 2g  鶏がらスープの素 1g

全てをミキサーにかけ、ペースト状にします。

さらにパラパラにするポイントとは? ⇒『温かいご飯にすりごまを混ぜる』

<ポイント>すりごまでお米の水分を吸い取る

『赤坂桃の木』のチャーハンの作り方

『赤坂桃の木』の干し貝柱と葱と卵のチャーハンは、一皿3600円(税抜)と高めですが、しっとりパラパラで人気メニューです。

そんなしっとりパラパラチャーハンの作り方を、特別に教えてくれました。

桃の木ではパラパラ食感にするために、タイ米を使います。

【しっとりパラパラチャーハンの作り方】

1.ホットプレートに油をひき、タイ米200gを広げたら、卵35gをタイ米の中央にかける

2.卵がお米に沈んだら、米・油・卵をホットプレートの上でしっかり混ぜ合わせる。

<ポイント>卵を鉄板に触れさせないように炒めれば、卵がふわふわ食感に!

3.ねぎ40g、塩小さじ1/2を入れ、混ぜ合わせる

4.水で戻した干し貝柱25gを加えて混ぜ合わせる

※干し貝柱はコンビニなどで売っている貝柱でも代用可能!

5.仕上げに少量の水(小さじ1程度)をかけ、お米を混ぜ合わせる

<ポイント>水蒸気でご飯の油っぽさを感じなくなる!

しっとりパラパラチャーハンのお味は?

しっとりパラパラチャーハンはスタジオで試食していましたが、うま味を米が吸っていて美味しいそうです。

次のページでは、ホットプレート焼肉の裏ワザをまとめます!

【林修の今でしょ講座】(6月2日)ホットプレート活用!焼肉の美味しい焼き方(『牛角』が伝授!)

タイトルとURLをコピーしました