【ハナタカ】トースト(食パン)の美味しい焼き方(10月22日)

スポンサーリンク
トーストの焼きムラグルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2020年10月22日の『日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ優越館』では、日本トースト協会の梶田さんがトーストの美味しい食べ方を伝授!

この記事では、パンの美味しい焼き方やバターの塗り方についてまとめます!

スポンサーリンク

一斤の食パンの美味しい切り方

一斤の食パンは食パンの底の角から切るのが良いそうです。

パンの底の角が一番固いので、食パンを横にして底の部分の角から切ると切りやすくなります。

パンの底は、1番シワが集まっている面だそうです。

食パンの形でもちもちタイプか分かる!

食パンは四角いタイプと山型タイプでもちもちタイプか分かるそうです。

四角いタイプ⇒もちもち食感(フタをして焼くので水分が閉じ込められる)

山型タイプ⇒サクサク食感(フタをせずに焼くので生地が伸び水分も少なくなる)

マーガリンに似たファットスプレッドとは?

マーガリンより油脂が少ない(80%未満)のものはファットスプレッドと言い、塩分も控えめだそうです。

日本と海外のバターの違いとは?

日本⇒非発酵バター

海外⇒発酵バター

海外では昔から発酵して作られていたバターですが、日本では技術進化で非発酵のモノができたそうです。

バターは柔らかくした方が美味しい

バターは柔らかくして塗った方が美味しいそうです。

塗り方がこちら↓

1.ラップで包みもんで柔らかくする

2.バターの膜でトーストの水分を閉じ込める

トーストは小さいお皿の方が美味しくなる?

トーストは小さいお皿の方が美味しくなるそうです。

お皿との間に空間ができ、トーストを結露から守るためだそう。

大きいお皿だと皿とトーストの間に結露ができ、べちゃっとした仕上がりに。

お皿を温めて温度差を減らすのもおすすめです。

トースターへの入れ方でトーストの美味しさが変わる!

食パンをトースターに入れる時、○○するだけでムラなく美味しくなる!

その方法とは?

 

⇒パンの底を奥に入れる

パンの底は生地が詰まっているので火が通りにくいそうです。

温度の高い奥に入れた方が、ムラなく美味しく焼けます。

パンの耳まで美味しく焼く方法

食パンの耳に沿って切れ目を入れると、トーストがサクサクに仕上がります。

四方の角の部分だけ残し、切れ目を入れて焼くと水分もちゃんと残って外はサクサク、中はもちっと焼けるそうです。

まとめ

トーストの美味しい焼き方、食べ方をまとめました。

梶田さんによると、トーストにさくらでんぶをトッピングすると美味しいとのこと。

ぜひ試してみてはいかがでしょう。

次のページでは、沖縄そばの作り方を紹介します!

【ハナタカ】沖縄そばの作り方 家で美味しく作る方法(10月22日)

タイトルとURLをコピーしました