【ハナタカ】旬野菜(トマト・ピーマン・オクラ・かぼちゃ)の見極め方を野菜ソムリエが伝授(9月10日)

スポンサーリンク
生活の知恵
スポンサーリンク

2020年9月10日の『日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ優越館』では、野菜ソムリエが登場!

トマトやピーマン、オクラ、カボチャなど旬の野菜を見極める方法を教えてくれました。

この記事では、旬野菜の見極め方をまとめます!

スポンサーリンク

新鮮なナスの選び方

ナスには利尿作用のあるカリウムが豊富です。

Q.新鮮でおいしいナスはどれ?

A.太さが均一のもの B.首元は補足先が太いもの C.太さは均一で首元が白いもの

⇒C.太さは均一で首元が白いもの

白い部分は夜間に急成長した部分で、新鮮な証拠だそうです。

甘いトマトの選び方

Q.甘いトマトの選び方は?

⇒お尻の部分に白い線(スターマーク)がでているもの

スターマークは、糖分をため込んでいる証拠だそうです。

新鮮なきゅうりの選び方

Q.新鮮なキュウリはどれ?

A.太さが均一でイボがしっかり B.太さが均一でイボがなだらか C.太さは関係なく太さがしっかりし

⇒A.太さが均一でイボがしっかり

下が太いと成長しすぎの可能性があります。

ピーマンの選び方

Q.新鮮なピーマンはどれ?

A.緑色が極端に濃いもの B.肩が張って茎が太いもの C.肩が張ってないもの

⇒B.肩が張って茎が太いもの

茎が太い方がしっかりと栄養がある可能性あり。

緑が濃すぎるものは若く苦みが強い可能性があります。

オクラの選び方

Q.美味しいオクラはどれ?

A.12㎝くらいの大きさ B.10㎝以下の小さ目 C.大きさではなく黒い斑点

⇒B.10㎝以下の小さめ

オクラは指くらいの大きさのものが一番美味しいそうです。

産毛がフサフサで黒ずみがないのがおすすめです。

オクラのネバネバに栄誉が豊富!

オクラのネバネバ成分ペクチンは、水だけで増加します。

切ったオクラに少し水を入れ、15分くらい置くだけで粘りが増します。

かぼちゃの選び方

Q.かぼちゃを選ぶとき、ヘタを見るポイントは?

⇒ヘタの大きさをチェック

ヘタが大きい方が身に栄養が運ばれている証拠だそうです。

またヘタがへこんでいるものは、水分が抜けて熟したサインで食べごろです。

また色が変わっている部分はグランドマーク(土についていた部分)は、カボチャの中の色が見えている状態です。

この色から熟しているかわかるそうです。

お酒のおつまみには枝豆がおすすめ

枝豆にはアルコールを分解するビタミンB1が多く含まれています。

ビールと合わせると、悪酔いせずに済みますね!

調理するときは枝豆を洗い、フライパンでフタをして蒸し焼きにするのがおすすめとのこと。

栄養を逃さず、焼くことで香ばしくいただけます。

ナスの保存方法

ナスはキッチンペーパーなどで包み、保存袋に入れて野菜室で保存するのがよいそうです。

ナスの原産は亜熱帯の地域なので、強い冷気を直接当てないほうが良いとのこと。

まとめ

旬野菜の選び方をまとめました。

次のページでは、旬の秋ナスのスペシャルレシピを紹介します!

【ハナタカ】丸ごとナスのサラダの作り方 野菜ソムリエおすすめレシピ(9月10日)

タイトルとURLをコピーしました