【インスタントポット レシピ】コストコのプルコギビーフ活用!肉じゃがの作り方

グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

短時間で火を通せるインスタントポットは、特に時間のかかる煮物におすすめ!

ということで、インスタントポットで煮物の定番『肉じゃが』を作ってみました。

牛肉でも豚肉でもできますが、今回はコストコで買った『プルコギビーフ』を活用。

この記事では、インスタントポットで作る肉じゃがのレシピをまとめたいと思います!

スポンサーリンク

肉じゃがのレシピ

インスタントポット付属のレシピブックでは、材料や作り方は次のようになっていました。

今回は味付きのプルコギビーフを使うので、次のようにアレンジして作りました。

まとめて大量に作ったので、5~6人分の材料です。

【材料】

プルコギビーフ 400g

じゃがいも 6個

玉ねぎ 2個

にんじん 1本

糸こんにゃく 1袋

オリーブオイル(サラダ油で可) 適量

水 300㏄

ほんだし 小さじ1強

しょうゆ 大さじ1と1/2

酒 大さじ1

みりん 大さじ1

砂糖 大さじ1

【作り方】

1.ジャガイモはひと口大に切り水に浸す。玉ねぎはくし切り、人参は乱切りにする。糸こんにゃくは沸騰した湯でアク抜きしておく。

2.インスタントポットの『炒めもの』メニューでNormal(中)モードを選択し、『Hot』と表示されたら油を引いてプルコギを炒める。 

こんな感じで色が変わるまで炒めます。

3.玉ねぎ・にんじん・じゃがいもの順番で加えて炒める。

4.『取り消し』ボタンを押し、水・ほんだし・糸こんにゃく・調味料を追加しざっと混ぜる。フタをして内釜放出ベントをSealingに合わせて『圧力調理』メニューで低(Less)モードを選択、±ボタンで4分に設定する。

5.加圧が終了したら『取り消し』ボタンで『保温』を消し、ナチュラルリリース(フロートバルブが自然に下がるまで待つ)でフタを開ける。

6.全体を混ぜ合わせれば、完成。

フタを開けた時点でしっかり火が通っていて、具材にも味がしみ込んでいます。

『炒めもの』メニューで煮詰めながら、味見して薄ければしょうゆ・砂糖をプラスして味を調えてください。

プルコギビーフの肉じゃがの味は?

もともと柔らかく味付けしてあるプルコギビーフを使ったので、出来上がった肉じゃがはお肉がミンチのようになっている部分もあります。

それでもお肉の旨味が出汁と混ざり合って、コトコト煮込んだような美味しい出来上がりに!

たった4分の加圧時間でしたが、じゃがいもは少し崩れているくらい柔らかくなっていました。

たくさん作ったので実家にもおすそ分けしましたが、「ちょうどよい味で美味しかった」と好評でした♪

インスタントポットなら煮物が得意料理に!

今回はプルコギビーフを使ってみましたが、インスタントポットならお肉が柔らかく仕上がるので、安いこま切れのお肉でも肉じゃがを美味しく作れそうです。

時間がかかるイメージの煮物ですが、インスタントポットを使えば時短で簡単に作れるのでおすすめです。

煮物が得意料理になるかもしれませんね!

タイトルとURLをコピーしました