【林修の今でしょ講座】(3月10日)焼きムラの少ないトーストの作り方&ふんわりもちもち保存の方法(朝食の裏ワザSP!)

トーストの焼きムラ 生活の知恵
スポンサーリンク

2020年3月10日の『林修の今でしょ講座』では、朝食の裏ワザSPが特集されました。

食パンの焼きムラを少ないトーストにするコツや、ふわふわオムレツの作り方が紹介されました。

クイズを出題したのは、林先生の教え子で元東大クイズ王・伊沢拓司さんです。

この記事では、番組で紹介された朝食の裏ワザをまとめます。

スポンサーリンク

食パンの焼きムラを少なくする裏ワザ

自宅で食パンを焼くと、焼きムラができがちですよね。

ところがオーブンに入れる時、ある置き方をすれば焼きムラの少ないトーストが作れます。

Q.食パンをオーブンに入れる時、焼きムラができない食パンの置き方は?

(ヒント:食パンは水分が多い所と少ない所がある)

 

<答え> パンの下(凹んでない方)を奥に置く

上:密度が低く水分が少ない

下:密度が高く水分が多い

オーブンは奥の方が熱が高く、手前の方が熱が低いので、パンの下を奥に置くと良いそうです。

トースト焼き方
トースト焼き方

食パンをふんわりもっちり保存する方法

Q.一緒に袋に入れておくと食パンの水分量を維持できるのは?

(ヒント:パンが硬くなるのは水が抜けるから)

A.レタス B.ごま C.焼きのり

 

 

<答え>A.レタス

手順:レタスの葉を数枚食パンの袋に入れるだけ!

それぞれの水分量は次の通りです。

レタス 96% ごま 5% 焼きのり 2%

レタスを入れるとこぼれない水を入れているような状態なので、レタスから水分を吸収して食パンがふんわりもっちりとなります。

レタスの水分が失われているため、スープなどにして食べると良いそうです。

まとめ

美味しいトーストを食べるための方法がわかりましたね!

次のページでは、オムレツの裏ワザをまとめます↓

【林修の今でしょ講座】(3月10日)ふわふわオムレツの作り方(朝食の裏ワザSP!)

タイトルとURLをコピーしました