【バナナマンのせっかくグルメ】(3月1日)日村さんの熊本グルメ(豚焼肉定食・馬焼肉・大黒ラーメン・ちくわサラダ・馬刺し・いきなり団子)

旅行関連情報
スポンサーリンク

2020年3月1日の『バナナマンのせっかくグルメ』では、日村さんが熊本県熊本市のグルメを満喫!

この記事では、日村さんが巡った焼肉・ラーメン・ちくわサラダ(おべんとうのヒライ)をおさらいします。

スポンサーリンク

龍神橋食堂の焼肉定食

熊本工業高校の野球部OBが教えてくれたのは、1968年創業の『龍神橋食堂』のボリューム満点焼肉定食です。

焼肉定食は自家製醤油だれで豚肉200gを焼き上げ、ご飯はお茶碗3杯分の大盛も!

お値段810円と激安です。

このほかにも野菜炒め定食やオムライス、豚汁定食など地元の人に人気のメニューが揃ってるそうです。

熊本伝統菓子 銅銭糖

地元の女の子が教えてくれたのは、熊本の伝統菓子・銅銭糖(10本350円)です。

上品な甘さで美味しいんだとか。

地元のお土産が揃う旬彩館でいただきました。

天國の馬焼肉

親子2代で営む馬料理『天國』は、馬の希少部位を味わえるお店で、全国からお客さんがやってくる人気店です。

まず食べたのは、あばらの塩焼き。脂がのっているのに、噛み応えもある、牛肉とは違った味わいだそうです。

大動脈の塩焼きは、一頭からわずか400gしか取れない希少部位です。

コリコリとしていて美味しいそうです。

大黒ラーメン(熊本ラーメン)

熊本県には約400軒ものラーメン屋があり九州屈指の激戦区ですが、街の人に教えてもらったのは熊本郊外にある1980年創業の『大黒ラーメン』です。

くりぃむしちゅーの有田だんも通う名店なんだとか。

週末は1時間待ちもざらで、1日600杯でることもあるそうです。

日村さんはホルモンがついたラーメンセット1100円を頼みました。

焦がしニンニクを豚骨スープと合わせ、パンチの効いた熊本ラーメン。細麺の多い福岡と違って中太麺を使用しています。

ニンニクとショウガを効かせたホルモンも、「すごく美味しい」と言っていました。

お弁当のヒライのうどん&ちくわサラダ

熊本の人なら知らない人はいないという『お弁当のヒライ』は、熊本に100店舗以上ある地元密着チェーン店です。

店内にはイートインコーナーもあり、かつ丼500円やから揚げカレー500円などリーズナブルなメニューが食べられます。

約100種類あるお惣菜も、もちろんその場で食べられます。

ちくわの中にポテトサラダを入れて揚げた『ちくわサラダ』150円は、年間200万本売れる熊本のソウルフードです。

日村さんはおすすめされたかけうどん230円と一緒にいただきます。

昆布やカツオなど4種類がブレンドされたお出汁がやさしく、美味しいそうです。

『いきなりやわたなべ』のいきなり団子

『いきなりやわたなべ』のいきなり団子は、サツマイモを極厚にカットして白あんと合わせ、小麦粉の生地で包んで約40分蒸しあげた定番おやつです。

日村さんは蒸しあげたばかりのいきなり団子をいただいていました。

激熱だけど、「こんなの食べたことない」という美味しさだそうです。

菅乃屋の馬刺し

『菅乃屋』は創業200年の馬肉の老舗店です。

熊本の方はお祝い事の時などによく訪れるそうです。

馬刺し盛り合わせ 八種5100円は、霜降り肉や赤身、たてがみや心臓まで揃っています。

コウネ刺し(たてがみ)は、赤身で巻いて食べるんだそうです。

馬骨でとった出汁でいただくハリハリ鍋は、馬バラ肉を味わえる一品です。

まとめ

熊本には福岡とは違った地元グルメがたくさんありましたね。

熊本旅行の際に、ぜひ活用したい情報でした。

次のページでは、DA PUMPの小田原グルメをまとめます↓

【バナナマンのせっかくグルメ】(3月1日)DA PUMPの小田原グルメ(海鮮丼・アジフライ・ホルモン焼き)

佐藤栞里さん&滝沢カレンさんの出雲グルメはこちらでまとめています↓

【バナナマンのせっかくグルメ】(3月1日)滝沢カレン&佐藤栞里の島根・出雲グルメ(出雲そば・のどぐろ)

タイトルとURLをコピーしました