【朝だ!生です旅サラダ】ニュージーランド南島・ダニーデンの観光スポット&野生動物ウォッチング

旅行関連情報
スポンサーリンク

2019年10月26日のテレビ朝日系『朝だ!生です旅サラダ』海外の旅では、地球の箱庭ニュージーランドの南島にあるダニーデンの旅が特集されました。

旅したのは、旅サラダガールズの渡辺 舞さんです。

ヨーロッパ風の歴史ある建造物や、希少なペンギンなどの野生動物ウォッチングが紹介されています。

ニュージーランド旅行で参考にしたい観光スポットが満載!この記事では、番組で巡ったスポットをSNS情報と一緒におさらいします。

スポンサーリンク

『南半球のエジンバラ』と呼ばれるダニーデンとは?

ダニーデンは約170年前、主にスコットランド人移民により開かれた街。当時建てられたヨーロッパ風の街並みを、街のあちこちで見られるのが魅力です。

ダニーデン駅はその象徴のような建物です。

Dunedin Railway Station

『南半球のエジンバラ』と呼ばれるのも納得の街ですね!

クラフトの街・ダニーデンで人気のお土産品

ダニーデンはクラフトの街としても有名で、中でも鶏をモチーフにした置物が人気のお土産品になっています。

ハッピー ヘンズ(Happy Hens)は、35年前からカラフルなニワトリをモチーフにした置物を手作りで販売しているお店です。

ここで販売される置物は「幸運を呼ぶニワトリ」と呼ばれ、世界中の人がラッキーアイテムを求めてやってくるそうです。

渡辺舞さんもここで絵付けに挑戦していました。オリジナルのお土産になりますね。

ニュージーランド唯一のお城

Larnach Castle, Otago Peninsula

続いて訪れたのは、ダニーデン中心部から車で約20分の場所にあるラーナック城(Larnach Castle)です。

1871年に政治家で大富豪だったウィリアム・ラーナックが自宅として、中世のお城を模して建築したニュージーランド唯一のお城です。

中へ入るとシャンデリアや天井の彫刻など、ビクトリア朝時代の内装やアンティーク家具を見学できます。

屋上からは360度美しい景色を眺めることができますよ!

かつて舞踏会が開かれた大広間はカフェになっていて、ランチやアフタヌーンティーを楽しめます。

渡辺舞さんはアフタヌーンティー(28NZドル/約1,900円)を注文。

お城で優雅にお茶できるなんて、素敵ですね!

宿泊はラーナック城敷地内の邸宅で

ダニーデンの宿泊先は、ラーナック城の敷地内にあるキャンプ エステート(Camp Estate)というカントリーハウスです。

5室ある客室はすべてインテリアが異なり、お部屋には暖炉もあります。

内装もゴージャスで、リッチな気分を味わえそうです。

ダニーデンで話題のレストランで夕食

夕食は昨年ダニーデン市内にオープンした話題のレストラン・モイエティ(Moiety)で。

鹿肉のステーキなど全5品のコースを79NZドル(約5,500円)でいただけます。

コース内容は3か月ごとに変わるそう。何度訪れても楽しめそうなレストランですね。

オタゴ半島で野生動物ウォッチング

翌日はダニーデンから車で約30分で行けるオタゴ半島(Otago Peninsula)へ。

野生動物を間近で観察できるエリアで、ツアーに参加します。

まず現れたのは、ニュージーランドオットセイの赤ちゃん。

海辺にはニュージーランドに約170頭しかいない希少動物・アシカもいました。

 

運が良ければ、ニュージーランドに約700羽しかいないイエローアイドペンギンが見られることも。

こちらのエルム ワイルドライフ ツアーズ(Elm Wildlife Tours)は1人125NZドル(約8,700円)で参加することができます。

日が沈む頃には、別のビーチへ世界最小のリトルブルーペンギンが巣に戻ってくる様子を観察できるツアーも。

リトル ブルー ペンギン プケクラ(Little Blue Penguin Pukekura)という会社が行っているツアーで、1人35NZドル(約2,400円)で参加できます。

渡辺舞さんはリトルブルーペンギンを見て「可愛すぎて、呼吸困難です」と大興奮でした。

ニュージーランドの自然を満喫!

今回が海外の旅・ニュージーランド編最終回でしたが、野生動物観察や歴史ある建造物見学など、見逃せない観光スポットがたくさん出てきました。

ニュージーランド旅行の参考にできる情報満載なので、旅に出る前にチェックしておくといいですね!

タイトルとURLをコピーしました