【ごはんジャパン】サバのゴマ茶漬けの作り方 青華こばやしのレシピ(7月11日)

スポンサーリンク
グルメ・レシピ情報
出典:テレビ朝日
スポンサーリンク

2020年7月11日の『ごはんジャパン』では、和食の匠が家でできる魚料理を教えてくれました。

教えてくれたのは、『青華こばやし』の小林さんです。

この記事では、おうちでできるサバ茶漬けの作り方を紹介します!

スポンサーリンク

サバのゴマ茶漬けの作り方(青華こばやし流)

【お店での作り方】

1.3枚におろして切り身にしたサバの皮に切り目を入れ、くしを刺して塩をする

2.焼き台でサバを焼く

3.ご飯の上に海苔・錦糸卵・大葉・焼いたサバをのせる

4.ゴマのペーストを入れ、香り立てる

5.一番だし(昆布・かつおだし)をかければ完成!

サバ缶で作れるサバ茶漬けの作り方

1.サバ缶のサバの背骨と血合いを取り除く

2.竹串でサバを打ち、軽く塩を振る

<ポイント>身が崩れやすいので中心に打つ

3.トースター(または魚焼きグリル)で約4分焼く

<ポイント>トースターで水分を抜く&温める

4.練りゴマ30gにしょうゆ30mlを少しずつ加えて混ぜ合わせる

<ポイント>落ちたさばの油・うま味をゴマの油で補う

5.焼き目がついたサバの竹串を抜く

6.器に盛ったご飯の上に海苔・錦糸卵・大葉をのせる

7.焼いたサバ・ゴマダレ・千切りした新ショウガを盛る

8.ほうじ茶(またはかつおだし・冷たいお茶など)をかければ完成!

サバ茶漬けのお味は?

サバ缶で作ったサバ茶漬けですが焼いたサバは香ばしさもあり、サバの香り、ゴマの風味もしっかりして、美味しいそうです。

次のページでは、イワシの梅じそ巻きの作り方を紹介します!

【ごはんジャパン】イワシ梅じそ巻きの作り方 青華こばやしのレシピ(7月11日)

タイトルとURLをコピーしました