【ヒルナンデス】(2月7日)黒羽麻璃央が引き算クッキングに挑戦!カルボナーラのレシピ

グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2020年2月7日の『ヒルナンデス』では、調理工程を省略できる引き算クッキングが放送されました。

今回引き算料理を教えてくれたのは、東京理科大学出身で『ロジカル調理』などで論理的な調理を提案している前田量子先生です。

カルボナーラ・豚の生姜焼き・トンカツに、シーズンレギュラーの黒羽麻璃央さんが挑戦します。

この記事では、番組で紹介されたレシピをまとめます!

スポンサーリンク

一般的なカルボナーラの作り方

まずは一般的なカルボナーラの作り方を見ておきましょう。

1.ベーコンとニンニクをカットする

2.材料(粉チーズ・生クリーム・塩・こしょう・卵)を混ぜてカルボナーラソースを作る

3.フライパンでニンニクとベーコンを炒める

4.沸騰したお湯でパスタを茹で、湯切りをする

5.フライパンに茹でたパスタと茹で汁、ベーコン・ニンニクを加えて混ぜる

6.カルボナーラソースを加えて混ぜる

この工程で25分くらいかかるそうです。

フライパン1つで完成!カルボナーラの作り方

今回教えてくれたレシピでは、25分の工程を15分で作れます。

【材料】

乾燥パスタ300g

角切りベーコン 150g

ニンニク 1かけ

オリーブオイル 大さじ1

水 1200㏄

生クリーム 150㏄

粉チーズ 大さじ3

卵黄 3個

塩 少々

黒コショウ 少々

【作り方】

1.ベーコンとニンニクをカットする

2.温めていないフライパンにオリーブオイルをひいてニンニクとベーコンを入れ、少し焦げ目がつくまで炒める

<ロジカルポイント>

ニンニクとベーコンは油が熱を持つ前に入れて、香り成分を移す

3.そのまま同じフライパンに水とパスタ(2つに割る)を入れて既定の時間茹でる(今回のパスタは約7分)

<ロジカルポイント>

●パスタは茹でると約2.5倍の重さに。

 1人前(100g)のパスタ⇒(蒸発する分も含めて)約400㏄の水で十分!

●パスタは水から茹でるとでんぷんが柔らかくなり、もちもち食感に仕上がる!

4.お湯がなくなり麺が茹であがったら、火を止めて生クリームと粉チーズを加えてよく混ぜる(塩少々で味を調える)

5.パスタを器に盛り、卵黄をのせ黒こしょうをかければ完成!

引き算レシピの濃厚カルボナーラのお味は?

一般的な作り方のカルボナーラと、黒羽さんが作ったカルボナーラを食べ比べてみると…

引き算レシピのカルボナーラは「卵黄がからんでトロっとした食感になり、美味しい!」との

こと。

料理初心者のADさんでも、簡単に作れました。ひとりランチに真似してみたいですね!

豚のショウガ焼きの作り方は、次のページで紹介します↓

【ヒルナンデス】(2月7日)黒羽麻璃央が引き算クッキングに挑戦!豚のしょうが焼きのレシピ

タイトルとURLをコピーしました