【この差って何ですか】「老けて見える人」と「老けて見えない人」の差!髪型の2つのポイントとは?

美容関連情報
スポンサーリンク

2019年12月17日のTBS系『この差って何ですか』では、『「老けて見える人」と「見えない人」の差』が紹介されました。

そこで今回は髪型を変えることで、だれでも若々しくなる2つのポイントをまとめます!

スポンサーリンク

なぜ老けて見えるの?

教えてくれたのは、北星学園大学の大坊郁夫学長です。

若い子供は目・鼻・口などのパーツが顔の真ん中にあります。

ところが年を取ると顔のあちこちが垂れてくるため、老け顔になりやすいそうです。

特に眉と目の間、鼻と口の間の距離が広がると、老けて見られやすくなります。

ただ顔はなかなか変えることができませんよね。

それでも体のある部分をちょっと変えるだけで、老けて見えなくなるんです!

老けて見えなくなる髪型の2つのポイント

老けて見えなくなるある部分とは、髪型です。

教えてくれたのは、多くの芸能人が通う美容室HAIR&MAKE TRUEの美容師・近藤澄代さんです。 

●若く見える髪型のポイント1:前髪を下ろす

前髪を下ろすことで、幼く見える=若く見えるようになります。

眉と目の間を隠すことができるのも、若々しい印象になる理由だそうです。

番組で同じ人物で前髪なしとありで街角調査したところ、前髪なしが平均53歳のところ前髪ありは平均45歳という回答になりました。

●若く見える髪型のポイント2:ひし形のシルエット

女性は年齢とともに髪の毛が細くなり、頭頂部がペタッとなってしまいます。

トップサイドにボリュームを出すことで、若返って見えます。

またひし形にすることで、眉と目・鼻と口の間も小さく見えるという視覚効果が得られます。

米倉涼子さんや吉瀬美智子さんも、ひし形を意識した髪型を実践しています。

若返り効果が得られるメイク

髪型だけでなく、眉&リップを工夫すれば老けて見えなくなります。

眉は平行、または少し下げて描くのがポイントです。

眉尻を上げて描く古い眉毛だと眉と目の間も広く見えてしまいますが、眉毛の下に眉を足して描くことで、眉と目の距離も狭く見せることができます。

リップはグロスで少しオーバーリップに描くと、鼻と口の間が狭まり若々しくなります。

指原莉乃さんも、オーバーリップは必ずやっているんだそうですよ。

髪型&メイクで若返り効果を狙おう!

顔自体を変えることは難しいかもしれませんが、髪型やメイクなら簡単に実践できますね。

今回教えてもらったテクニックで、若返り効果を狙いましょう!

タイトルとURLをコピーしました