【くりぃむしちゅーのハナタカ優越館】(4月16日)プロが教える一番おいしいお米の研ぎ方&炊き方&昆布で新米のようなご飯に!

スポンサーリンク
生活の知恵
スポンサーリンク

2020年4月16日の『日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』では、プロが教えるお米の研ぎ方&炊き方が紹介されました。

土鍋専門店の店主が、古いお米でも美味しく炊くコツを教えてくれます。

この記事では、美味しいご飯を炊くための情報をまとめます!

スポンサーリンク

古米を新米のように炊くには昆布を入れる!

古いお米を新米に近づけるひと手間とは、お米に昆布を入れて炊くことだそうです。

コンブによりツヤ・うま味・風味が出ると言います。

一番おいしいお米の研ぎ方

お米を研ぐとき、一番最初に使う水が重要だと言います。

お米は最初に約7割の水を吸収します。

『1番最初はミネラルウォーターを使う』

これが重要だそうです。

また、洗いすぎはうま味や栄養が逃げてしまうので、

『濁りが残る程度』

で研ぐのはやめておきましょう。

 

一番おいしいお米の炊き方

お米を炊くときには、『炊く前に1度冷やす』ことが重要です。

お米は加熱から60℃になるまでに、うま味が出るそうです。

冷やす時間がない場合、氷を入れるのもOKですが、氷を入れる場合は水を減らすようにしましょう。

土鍋で炊くご飯が一番美味しい!

炊飯器でも上記のコツを実践すれば美味しく炊けますが、やはり一番美味しいのは遠赤外線でお米の芯まで炊ける土鍋のご飯だそうです。

スタジオでは土鍋ご飯・レトルトご飯・炊飯器のご飯を食べ比べしてみました。

土鍋ご飯を当てられたのは、柴田理恵さんとSHELLYさんでした。

まとめ

美味しくご飯を炊くコツをまとめました。

ぜひ実践してみてはいかがでしょう。

タイトルとURLをコピーしました