【ごはんジャパン】季節の海鮮丼(アジのなめろう・カツオのタタキ・釜揚げしらす)の作り方 青華こばやしのレシピ(9月12日)

スポンサーリンク
グルメ・レシピ情報
スポンサーリンク

2020年9月12日の『ごはんジャパン』では、神奈川県平塚でとれた金アジを使った海鮮丼が特集されました。

朝どれの鮮魚を使って絶品海鮮丼を披露してくれたのは、『青華こばはし』店主の小林雄二シェフです。

この記事では、アジの塩なめろう・カツオの藁焼き・釜揚げしらすで作る『季節の海鮮丼』の作り方を紹介します!

スポンサーリンク

季節の海鮮丼( アジの塩なめろう・カツオの藁焼き・釜揚げしら )の作り方

【材料】

<アジのなめろう>

金アジ     1匹

ミョウガ    2個

ネギ      適量

ごま油     適量

塩       小さじ1

<カツオのタタキ>

カツオ     1サク

塩       適量

ショウガ汁   適量

しょうゆ    適量

 

釜揚げしらす  適量

【作り方】

1.3枚におろして皮を剥ぐ

2.身をブロック状に刻んでから薬味(ミョウガ・ネギ)をのせて叩く

※アジ2:ミョウガ1:ネギ1の割合で混ぜる

3.カツオをくしで刺して表面に塩を振り、わらで炙る

4.ご飯の上に海苔・錦糸卵・大葉を敷く

5.カツオ・アジのなめろう・釜揚げしらすをのせる

6.なめろうには塩・煎りゴマ・ごま油をたらす

<ポイント>今回は新鮮な魚の味を生かすために味噌ではなく塩味で!

7.カツオのタタキにはショウガ汁としょうゆ少々をたらす

釜揚げしらすは何もかけず、素材そのままの味を活かします。

季節の海鮮丼のお味は?

季節の海鮮丼を試食したのは、仮面ライダーで人気上昇中の高橋文哉さんです。

カツオは皮目が香ばしく美味しいとのこと。

アジは包丁でたたくと筋肉のタンパク質が細かくなって複雑に絡み合い、アクトミオシンという大きな塊になるそうです。

叩くことでなめらかな食感になり、より濃厚に感じられます。

次のページでは、市販のカツオのタタキを美味しくするコツを紹介します!

【ごはんジャパン】カツオのタタキの作り方 青華こばやしシェフが家庭でできる方法を伝授!(9月12日)

タイトルとURLをコピーしました